マンツーマン指導の個別指導塾

個別指導塾の特徴とは

個別指導塾は生徒に対して講師が直接マンツーマンで指導をするタイプの塾です。塾によっては生徒二人に対して講師が一人といった組み合わせになっていることもありますが、基本的には大人数に対する授業という形で行うのとは異なっています。少人数なので講師が生徒のことをきちんと把握することができるのが特徴です。授業の内容も生徒に合わせていくことができるため、弱点の補強をするには効果的なことが知られています。どのような形で授業をしているかは塾によって違いがあることから、選ぶときには十分に確認した方が良いでしょう。授業参観をしたり、パンフレットを読んだりして特徴をつかみ、魅力的な授業形式になっている個別指導塾を選ぶことが大切です。

個別指導塾の費用対効果

個別指導塾では講師1人が同じ時間で教えられる生徒の数が集団指導に比べると少なくなります。その影響で授業料が少し高めに設定されているのが一般的で、月額費用が定まっている場合には授業のコマ数が少なめになっているのが通例です。ただ、少ない回数でも効果的な授業を行える特徴があるため、費用対効果については高いという定評があります。どのくらい講師が親身になって指導をしてくれるかにもよるので一概に集団指導と優劣をつけることはできませんが、良い講師に恵まれれば飛躍的に学力が伸びると期待できます。少ない時間で集団指導と同等の効果が得られただけでも時間の無駄を減らせるという点も考慮して、個別指導塾の良し悪しを考えるようにしましょう。

Close
Menu